いくらデザイン的にとっても素敵なピンクカラーサーバーでも【ウォーターサーバーはウォーターサーバー】ですから、美味しいお水が飲めることがいわば『必須条件』の一つですよね?

そして、ウォーターサーバーで飲めるお水には大きく分けて天然水とピュアウォーターの2種類があります。

 

 

天然水とピュアウォーターでは製造方法に大きな違いがある!

一見名前だけを見比べると「天然水の方が天然=おいしそう」なんて答えに行き着くかも知れませんが、両方とも十分美味しいと評判で人気のある水の種類です。

 

天然水について

天然水とは文字通り長い時間自然の中にあった水を採水し、販売している水になります。

画像のように自然によってろ過され、地表数百メートルに長時間蓄積されており、土の中にある豊富なミネラル成分を含んでいる事から美容効果や血糖値上昇を抑えるミネラル成分などが豊富に含まれている水です。

このミネラル成分は主に採水地によって変わるとされており、その土地ごとに異なる水が楽しめます。
美容成分の高いシリカ天然水 主に九州地方に多い
血液サラサラ効果や血糖値上昇を抑える効果のバナジウム水 富士近郊でよく採水されています。

上の画像は、【プレミアムウォーター】というウォーターサーバーの採水地を示しているもので、富士山近郊から採水している事から豊富なバナジウム水が飲めると評判です。

 

ピュアウォーターについて

ピュアウォーターは独自の製法で今話題の水で、価格が安いのも大きな嬉しい特徴です。ピュアウォーターの原水は主に【再利用している水】とされており、採水地は非公開の商品が圧倒的に多いのが現状の中、業界でも特に人気の高い【アスピナウォーター】は北アルプスから採水され、徹底的にろ過された水です。

このろ過にピュアウォーター、またはRO水と呼ばれている理由があり【何重ものフィルターによってろ過されるシステム=RO膜】と呼ばれており、このろ過技術を施している水が【ピュアウォーター、またはRO水】と呼ばれている水です。

大多数のピュアウォーターの採水場所は主に工業用の水や海水とも言われており、少し心配になる部分も大きいかもしれませんが、この徹底したろ過技術により安全に飲むことが出来るようになり、今や天然水と同じく人気水の一員になりました。

水道水独特のカルキ臭が一切ありませんし、天然水特融の癖のある感じは一切しません。

まさに【ピュア=純度の高い水】です!

 

買うならどちらのお水が良い?

あなたがどんな効果を期待してウォーターサーバーを導入するつもりなのか不明ですが、ウォーターサーバーを利用してる以上、私はミネラル成分が大量に含んでる天然水が飲めるおしゃれウォーターサーバーを利用することを強くおすすめします(^^)