一言でウォーターサーバーと言っても、サーバーマシーンの大きさや月々の費用・飲めるお水に至るまで多種多様です。

基本的に様々な角度からウォーターサーバーを比較しながら、一番ご自身の生活と相性が良さそうなウォーターサーバーを選ぶことになるかと思いますが、その中で【サーバーマシーンの大きさ】の違いがあったのではないでしょうか?

 

ウォーターサーバーには床置きタイプと、テーブルなどの置き場所を予め確保した後、設置する卓上タイプの2種類があり、比較する上でも『一番始めに理解しておくべき比較ポイント』でもあります。

 

そして、両方共にメリット・デメリットがありますので、軽い気持ちでウォーターサーバーを契約してしまうと「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後悔してしまう可能性も決してゼロとは言えません・・・

 

一度スマホから視線を外し、自宅のレイアウト・家具を確認した後、読み進めることをおすすめします。

 

床置・卓上タイプの違いとメリット・デメリット

床置タイプのメリット・デメリット

  • 種類が豊富。
  • 月々の料金が比較的安い場合が多い。
  • 高さ130cmほどあるので、ボトル交換が少しシンドイ・・・
  • ある程度大きいので、設置する場所が必要になる。

 

卓上タイプのメリット・デメリット

  • 販売してる種類がどうしても床置タイプの比較すると少ない。
  • コンパクトな小型サイズ(高さ50cm〜80cm)ですので、どこでも設置可能!
  • 移動も楽ちん!(10kg〜14kg程度)
  • 性能は床置タイプとさほど変わらない。
  • その分駆動音がうるさいマシーンが多い。

 

比較した結果・・・おすすめしたいのは『床置き』ウォーターサーバー

卓上タイプもコンパクトでよりピンクカラーが映える雰囲気で、とってもおすすめですし人気が高いのも事実ですが、『ウォーターサーバー=大型の床置』と考えている方が大半な以上、卓上タイプのウォーターサーバーと心なしか寂しく感じてしまうかもしれません。

また、卓上タイプは販売してる種類が圧倒的に少ないので、比較・検討しながらえらぶ事が出来ない点もデメリット・・・

 

比較した結果、おすすめなのはやっぱり床置きタイプのウォーターサーバーですが、床置・卓上とあまり比較せずにあなた自身が一番気に入ったピンクカラーのウォーターサーバーを選ぶと良いですよ(^^)

 

当サイトでは、口コミ評判が高いピンクカラーサーバーのみを紹介していますので、基本的にどの宅配水を選んでも後悔はしないはず!